松本市
枯松の伐採

12月は師走というだけあって、過ぎるのが早く感じます。

さて今回は、松本市の枯松の伐採です。

 

枯れて、かなりボロボロです。

押したらグラグラと揺れます。

登るには危険な状態で、クレーンも入れない場所だったので、

今回は足場を作っての伐採です。

 

まずは上部に少し残っている枝を切っていきます。

 

枝を切り終えたら幹を切っていきます。

 

足場の上部からロープでつりあげて、切った幹を降ろしていきます。

 

どんどん背がひくくなってきました。

同じように上部からロープをつるして幹を降ろします。

 

根本を伐採します。

 

伐採した幹をトラックに乗せます。

今回の幹は大きさの割にはとても軽いです。

枯れて中がスカスカになっていました。

 

幹の破片は指で簡単にぽろっと取れました。

大分弱っていたようです。

すっかり伐採され、倒れる心配がなくなり何よりです!