明科

線路ぞいに生える杉

こんなに大きくなるとは・・

先代が植えた木がいつの間にか・・・

と、本当によく聞く言葉です。

こちらはまさに、こんな場所で

いつの間にかおおきくなってしまった、

杉に囲まれたお宅。

そのうちもっとも危険な場所で

大きくなってしまった杉の木の伐採です。

線路の高圧線沿いで大きくなってしまった杉です。

Before

 

線路の高圧線から1番近い所で1mもなく、

JR下請け以外の民間業者に許可を下ろすのは

稀だったようです。

施工の合間に電車も通ります。

シビアな現場です。

After

 

 

さっぱりとなくなりました。

高圧線にかかる心配も、

線路に枝が折れてしまう心配も

なくなり一安心です。

 

 

こちらのお宅にはまだまだ杉があります。

 

 

Before

クレーンを使っての施工です。

家のそばにある木としては、

高くなりすぎました。

こちらの2本の木は根元から伐採。

 

After

 

威圧感がなくなり、さっぱりしました。

家から近い木でしたので、

倒れて家を壊す心配もなくなりましたね。

そしてまだまだ杉に囲まれています。

Before

こちらは電線にかからないよう

剪定していきます。

 

After

 

かなり背丈が低くなりました。

 

大きな杉に囲まれたお宅。

安心して暮らせるようになりました。

木は自然を豊にしてくれますが、

大きくなりすぎると障害と

なることがある、

そんな現場でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です