進化する機器たち  ゲームチェンジャー1

秋ですね~

秋といえば!皆さんなんですか?

私は断然食欲の秋!

シャインマスカットが大好きな小松です。

夏の暑いときは、涼しくなるインナーに

お世話になりました。

汗で冷やす!ってのをうたい文句に、

マイナス5度の冷感インナー。

実際、

マイナス5度までは感じませんでしたが、

着ないよりは涼しくなった気がしました。

時代はどんどん進化したものを

作っていきますね。

そのうち、不老不死の薬なんかも出るんじゃないでしょうか。

どんどん進化する物たちのおかげで、

仕事や物事を劇的に変えるものを、

”ゲームチェンジャー”

って言われるそうです。

社長に教えていただきました。

そんな我が社のゲームチェンジャーの一つ。

ジャン!

ヘルメットです。

このヘルメット、イヤーマフとマイクがついています。

これが本当に優れもの。

このマイクで大声をださなくても、

高い木に登ったクライマーと、

地上で作業するグランドワーカーが

スムーズにコミュニケーションがとれます。

クレーンを使うときなどは、

クレーンのオペレーターとも

遠い位置からコミュニケーションがとることが

可能です。

時代はどんどん進んでいますね~。

ただ、一つ弱点が~。

「チェーンソーの音までひろっている!!」

このままでは耳が・・・。

と、思いきや、これを回避する

”ゲームチェンジャー”

が,まだあるわけなんですね~。

ん~素晴らしい!!

第2のゲームチェンジャーは,

また次のブログで!

クレーンを使って伐採

こんにちは。

弊社はロープワークを得意としています。

大きい重機が入れない場所で、

枝や幹を下に落とせない場所などは、

ロープワークを駆使し、施工します。

しかし、クレーンが入れる場所での

クレーンを使っての伐採は、

とても能率がよくて安心、安全。

どんな感じが皆さんに

お伝えしたいと思います。

伐採する高さまで登ってチェーンソーで伐採します。
クレーンで伐採した木を持ち上げます。

                   

伐採した木をクレーンで広い場所まで移動させます。
地上に降りてくるとこのサイズ! 
クレーンで吊っていた時の写真は
大きく見えませんでしたが、

人間と比べてみてください!

このサイズの木を人力だけで伐採、そして安全に地上に降ろすには、

小さく切って少しずつロープで吊って

おろしていかなくては危険です。

人力だけではかなり時間がかかります。

幹も一気に伐採し、運びだせます。

幹も一気に伐採できます。 
広い場所へ一瞬で運びだします。
この幹の長さでは、1人では運べません。 
 クレーンを使うと最小の人数で作業が進みます。

クレーンはを使うと費用が高くなる!

と思っている方、

多くいらっしゃるのではないのでしょうか?

しかしながら、大きな現場では、時間や人員を抑えられることから、

費用も抑えられる!ということなんです。

ヒノキの驚くべき効果

こんにちは。

小松です。

皆さん、好きな木ってありますか?

私はヒノキが大好きです。

何故かというと、とっても香がいいから。

ヒノキ

ヒノキって香がいいのでリラックス効果抜群ですよね。

でもヒノキはそれだけじゃない!

ヒノキの成分には、ダニやシロアリを防ぐ効果もあります。

カーペットの下に敷く防ダニシートは

ヒノキの精油が使われているそうですよ。

あと、何より最近嬉しい効果は、抗菌効果です。

木材を腐らせる菌の繁殖を抑える効果があるんです。

だから、お風呂や、家、家具など沢山ヒノキってつかわれているんですね。

ヒノキを伐採した後の香がたまりません!

私たちは、伐採をしながら癒されているんですね!

伐採されたヒノキ

「檜舞台に立つ」

って言葉、奥が深く感じます。

もともとは、歌舞伎舞台や能の舞台がヒノキでできていたことからできた言葉です。

晴れの舞台、としての意味で使われますね。

もちろん抗菌作用、防虫作用からもそうですが、

強度の強さが最も舞台に使われていた理由だと思います。

ヒノキは伐採後、200年間強度を増していくそうです。

ヒノキのような人間になりたいですね!

幹の太さと年齢

やっと涼しくなってきましたね。

九州近辺の台風が心配です。

こんにちは、小松です。

 

最近改めて、木って長生きの木が多いな、

と感じます。

沢山のお施主様のお話にもよくありますが、

「この木は〇十年前に植えて・・」

とか、

「先代の先代が植えた木で」

なんてよくある話です。

人間よりもすごく長生きな木って多いですね!

一般的に樹木は、年輪を形成して年々大きくなっていきますよね。

だから大きければ大きいほど、年を重ねている木が多い。

木の高さが増す成長は、木の寿命の1/3ほどの

年月で成長が終わるものが多いのですが、

幹の太さの成長は、高さの成長が終わっても、

長く続くものが多いようです。

 

 

こちらは先日、満願寺にて、

スタッフ三浦が施工した木。

人間が5人ぐらい入るのではないか、

という太さですね。

高さも高い!

 

 

 

「この木はこれぐらいの太さで〇歳ぐらいかな」

という話もよく聞くのですが、幹の太さだけで年数を

判別するのは、とても難しいです。

太い木が年数を重ねている、ということはそうなのですが、

同じ環境で育った同じ種類、同じ年数の木でも、

まったく違う幹の太さだった、

という調査もでています。

いやー木って奥深い!

 

 

そんな中、世界最大の巨木の年齢、

推定ですが、されています。

何歳か知っていますか?

アメリカのセコイア国立公園にある

「シャーマン将軍の木」

と名付けられた木。

樹齢は推定2300~2700年だそうです。

この木1本で、5LDKの家が40軒建つそうですよ!

 

 

 

 

 

 

おばけきゅうり

9月にはいりました! まだまだ暑い!

ネットニュースでみたのですが、今年の秋は11月からって

言ってましたが・・・。

ほんとですかね? 小松です。

 

今、小さな家庭菜園をしています。

家庭菜園初心者なのに、今年の異常気象で枯れたり、異様に育ったり。

愛情をこまめに注いでいかないといけないですね!

いくつかの家庭菜園の中で、キュウリも菜園しているのですが、

キュウリって沢山できるんですね!

びっくりしています。おかげで今年の夏は

キュウリの漬物ばかり食べていました。

先日隠れたところにキュウリがあって、全然気がつかず、

巨大きゅうり”

になっていました。

はい。

缶コーヒーより太い!

そして長い!

緑の大根かと思った・・

 

大きくなりすぎたら、水っぽくなっちゃいますよね。

昨日クックパットで検索してみたら、

こんなキュウリはシロップ漬けにして、

デザートで食べると美味しいそうです。

やってみます!!